顧問弁護士って何?

顧問弁護士とは継続的に法的な相談をする事ができ、トラブルが起きた時にはその企業の味方となってくれる弁護士の事を指しています。
会社の経営にはさまざまなトラブルが付きもので、新しい問題が起きるたびに弁護士を探していると非常に手間がかかります。
顧問弁護士がいれば、そういった時に必要となる相談役をしてくれるもので、法的なトラブルが起きた時の心強い味方となるでしょう。
顧問弁護士がどういったものかを理解した上で顧問弁護士の役割を知っておくと、企業側として雇った時にどういった場面で頼りになるのかがわかりやすくなります。

顧問弁護士の代表的な役割としては、緊急時に企業を守る、平時の企業を整備する、経営者の相談に乗るといった3つの役割が挙げられます。
顧問弁護士は雇われている企業のビジネスをきちんと理解し、法的な相談以外にも経営に関する相談を受けるという事も役割として含まれています。
弁護士という名前なので法律に関係している事しか相談できないと考えがちですが、顧問弁護士はその企業の経営など法律とは関係のない部分の事も気軽に相談できるという人物が求められています。
相談者という役割は顧問弁護士だからこそ可能な役割ですから、重要な役目であると言えます。

当サイトでは、顧問弁護士の役割である緊急時に企業を守る、平時の企業を整備するという二つの役割について解説していきます。
顧問弁護士は普通の弁護士とは違い、その企業に雇われているという立場で役割を果たさなくてはいけません。
どのような役割があるのかを雇う側も雇われる側、どちらの立場でも役に立つような情報となれば幸いです。


≪Special Link≫
法的な相談や経営に関する相談を受けてくれる顧問弁護士と低コストで契約できるサービスです ⇒ 顧問弁護士